« 14. November 2004 | トップページ | 25. November 2004 »

さて、ブログをどこで借りるか。

まずはブログの利用度調査についてのレポートをご覧ください。

http://www.bizmarketing.ne.jp/trd/041111791.shtml

これらのブログは全てレンタルです。レンタル・ブログと呼ばれてもいます。

次にライブドア・ブログについての情報です。

http://blog.livedoor.jp/gene_survive/comment.cgi/9386693#errors


いかがでしょうか。私はライブドア・ブログの導入も視野に入れて検討していましたが、ライブドアの使用はテーブルからはずしました。ライブドアが撤回したならば再検討するかもしれませんが。

堀江社長の考え方は共感できることが多かったり勉強になったりしています。
先日聞いたテープでは、人事関連の内容について確認できたことが多く、有益でした。
残念ながらブログについては賛同できません。

ブログに感じた夢のひとつ、「個人による情報発信媒体」がどこまで昇華するか非常に楽しみです。
ところがこれを「元締め」の企業が独占しようとすると、ブログを取り巻く周辺環境は熱が冷めてしまいます。
逆効果です。

まだよちよち歩きの状態であるブログ文化。
何も知らない赤ん坊に判子を押させるようなやり方はしないでほしいと思います。
お年寄り相手のオレオレ詐欺に近いものを想像します。

■想像力の欠如■
未成熟な業界において、形成されていないモラル。
これを補うのが想像力。身を守るのも想像力。

保守的な人達からけちをつかられないようにするためにも、先を考え、本当に発展するにはどうすべきかを時には考えてみましょう。


あなたがレンタルブログを開設する際には、ご一考されたほうがいいでしょうね。

■ワン・クリックで救える命がある。1日1クリックを習慣にしませんか?

 下記リンクのサイトに行き、そこに紹介されている各サイトのボタンをクリックします。そうすると、そこに広告を出し  ている企業から困難に直面している人々に寄付される、というものです。
 (あなたは押すだけですので、直接お金を振り込むわけではありません。)

 一人の力は小さいけれど、インターネットを通じて一人一人の力が集まることを想像し、ここにリンクを貼った次第で す。

 ■「クリックで救える命がある」DFFという企業さんが運営されています。
   →http://www.dff.jp/


 
インセンティブデバイスについては次回に。


 ■始めたばかりの 人気blogランキング にご協力をお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)