« 2. November 2004 | トップページ | 10. November 2004 »

個人メディアの活用例 /新世紀・生還論

今日読んだメルマガにて記載されていたものです。
私にはブログの媒体力を使ってできることがありますので記載いたしました。

 【新潟中越地震の被災者の方々に募金のご協力をお願いいたします】

日本赤十字社 http://www.jrc.or.jp/sanka/help/news/664.html
赤い羽根共同募金 http://www.akaihane.or.jp/saigai/20041024.htm
日本郵政公社 
http://www.japanpost.jp/pressrelease/japanese/kawase/041025j301.html
新潟日報 http://www.niigata-nippo.co.jp/tyuetujisin/newpage3.html
NHK新潟放送局 http://www3.nhk.or.jp/saigai/niigata/616_1.html
テレビ朝日ドラえもん基金 0990-53-5000 (電話を掛けるだけで1分間100円
が募金されます)

TVでこの時期、募金詐欺が行われていると報道されていました。悲しいことです。キャスターの木村さんが、「日本人でないことを」祈ると言われていましたが、可能性は高いと思います。

こういった個人メディアのいいところは、すぐに行動に移せるということ。先日お会いしたGENEさんもご自身のブログの中で触れています。

GENEさんのブログを拝見していたところ、
新潟中越地震への募金をniftyが行っていることを知りました。

http://www.nifty.com/tokusetsu/

このココログの運営者であるニフティですから、出処のわからないチラシを見て募金するよりも確実だと思いました。

こういったところにもネットの可能性を感じます。

 ■「液状化」について、この2回前のブログで触れています。知識のひとつとして、読んでみてください。

 先日銀座ランチをご一緒したGENEさんはコンピュータ・ネットワークの本を数冊出版されています。メルマガ登録  者数は3万部を抱えられている方です。情報商材も2500円とかなり価格を抑えられています。近頃の情報商材の 高額さのなかではひときわ目をひく存在です。本物の情報にこだわる姿勢に感服しました。お会いしたこの日も私  が先日購入した情報商材(6200円ほどしました。)における費用対効果についてのお話をいたしました。
 
 確かに、こういった商材から得られるものよりも、直接疑問点などを正直にお聞きしたほうが霧が晴れるように解消 されます。そして更に前に進むことができるものです。

 ■GENEさんのブログ「ネットワークのおべんきょしましょブログ」
 http://gene.livedoor.biz/archives/8757325.html

 ■無料メールマガジンの購読はこちらから→まぐまぐ

 ■■生還論の特筆!■■

 個人メディアとしての媒体を持ち、活用する。

 □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


 
 この方のように、かくありたし。ブログなどはその手軽さからか、竹の子のように生まれる昨今ですが、

 この方のキャリアは違います。すでに数年前からメルマガを発行。あらためて「継続すること。」の重要性を感じまし

 た。今存在するこのような媒体の中で、1年後も継続しているのが果たしてどれだけのものか・・・。

 アウトプットしていくためには、それ相応のインプットをしていかないと、質が下がるというものです。

 私も敢えてここで宣言しておきます!

 個人の「日記」だけで終わるブログにしないと。この「新世紀・生還論」だけは。
 (あれ?他のブログはどうなのよ、という声が聞こえてきそうですね・・・。)

 このブログは、普段会うことができないみなさんへの情報発信と捉えていますし、「僕のこと忘れないでね。」

 というメッセージでもあります。

 もちろん、情報発信するには何が何でも全て、というわけではありませんよ。かくいう私も出すべき情報と、熟成す

 るまで抱えている情報と、整理中の情報と・・・・などなど各種混在している中での発信を行っているわけです。

 そして、私の成長記でもあります。こうやって考えていると、一番得しているのは自分だな、とも思います。

 まだブログを立ち上げていない方はまずは作ってみる、ということをお薦めします。

 私の大事な知人が、ブログを新しく立ち上げる人から求められて直接指導を始めたそうです。求めた人はある程度 の指導料を支払うそうです。私も「弟子」が立ち上げるとき、やはり指導料をとることになると思います。
 弟子は、試行錯誤する多大な時間をお金で買うことになります。その分、学習すべき内容に時間を振り分けること  ができます。

 先日自己投資の重要性についてもお話にのぼりました。自己投資額をいくらに設定するか、その目安について。
 あなたは知っていますか?

 自己投資とは何か、あなたは知っていますか?
 ものを買うことではないですよ。ましてやエステに行くことなど!

 少しずれますが、速読のトレーニングをすることは、自己投資に繋がります。
 もちろん、ただではできません。初期投資は必要です。ただし、短期的に考えても、速読の場合は高額な投資では ないと考えられます。長期的に見れば、尚のこと、です。

 高額と考えるか否か、それは個々人の自由ですが、この点が分かれ道だったりします。一から説明するのは正直 面倒なんだよなあと、先日オークラに招待してくれた友人も言っておりました。なるほど、よくわかります。

 将来を俯瞰すると、色々なことが見えてくるものですね。勉強家の方達とご一緒すると、明らかに「俯瞰」されている ものなのです。つくづくそう思いました。

 ■最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。

  今日の内容はダイジェスト版とお考えください。このブログを読めば、具体的な方策を垣間見ることができます。

  みなさんの応援が励みになっています。
 

 ■始めたばかりの 人気blogランキング にご協力をお願いします。

 ■最近読んだ「情報商人のすすめ」の岩本さんによる実践講座です。
情報販売実戦講座ホームスタディー・コース    

| | コメント (0) | トラックバック (0)