« トラックバック・SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)はビジネスになりえるか? | トップページ | SUKIYAKI~世界に通用するレベルを意識する »

やりたいことの秘密結社

 ショッカーではありません。

 すでにCDでご存知の方もいるかもしれません。

 ・・・・・・・・・・・・・・

 先日ある教訓を胸に秘めました。
 「本当にしたいことは口に出さない。協力的な人にのみしゃべる。」

 ある程度相手を見極めてからでないと、妬み・嫉み・中傷に会うことさえあります。こういったマイナスの力というのは非常に強いものがありますので、あたらず・触らず、うまく避けようと思ったわけです。特に男性の嫉妬ほどうっとおしいものはありません。女性の方ならピンとくるところがあるはず。

 付き合う相手を見極めるというのは非常に大事だと思います。最近会った人達は皆意識が高く、アンテナをピンと立てていますので話しが通じることが非常に多いのですが、こういったレベルについてこれない人がいます。そこには「レッテルを貼って、ひとまず片付けよう。」といった意識が無意識のうちに働くようです。

 こういう人達は直接話をしたわけでもないのに、耳をそばだてています。気をつけましょう。

 

 そこで、情報や交流をある程度、制限していこうと思った次第です。
 私は、お人よしなので、自分の考えていることや発想をぺらぺらしゃべってしまう傾向が強いほうだと思います。
 初対面の人でも紹介された人ですと安心できます。

 そうではなくて、気をつけたいのは、不特定多数の人の集まり。ある特定の集まりであっても、様々な考え方・意識の違う人など不特定多数の人が参加しています。
 
 自分のしたいこと、やりたいこと、したくないことはじっくりと自分の中で熟成させなければいけないようです。
 わかってはいたけれど、甘かった自分に気づきました。

 協力してくれる人にのみお話しすることを整理しておきます。それゆえ、「秘密結社」の団結は必須、という発想にいたりました。この仲間達には自分も精一杯お手伝いさせていただこうとあらためて思った次第です。

                                                

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50652/1583524

この記事へのトラックバック一覧です: やりたいことの秘密結社:

各カテゴリー毎の新着

コメント

コメントを書く






Google
WWW を検索 YOURSITE.CO.JP を検索