« 21. Oktober 2004 | トップページ | 2. November 2004 »

新潟県中越地震/生還論が事例に触れる

 今日は前置きなしです。新潟の地震は今でも続いています。小学校の亀裂、道路が切断され、車が持ち上げられてしまいました。液状化が原因と東大名誉教授が話していました。

液状化というのは大きな振動により、土中の間隙の水分が分離してしまう状態を指します。学部時代に見たビデオには実験の様子が克明に記録されていました。

・・・・・・・・・・・・

水槽に大目の水分を含んだ土をため、その上に家の模型を置きます。

横から衝撃を加えると、間隙の水分が上部に浮いてきて、同時に模型の家がずぶずぶといとも簡単に沈んでいった・・・。最初は固定されていた家なのに、です。

模型というのは、実は現実を非常によく映し出すものです。特に、巨大構造物(ダム、橋梁、高層ビルなど)の問題点を解決する際に、教授たちはモデルケースとしてよく模型をもとにこうしたらどうか、ああしたらどうかと策を練っていたものです。

液状化は脅威です。阪神大震災でも神戸のポートアイランドで以前の新潟地震同様の移動が事例として記録に残っています。


 

私が所属した研究室は液状化を専門とした研究では精力的に活動を行っていた。学部時代、新潟での学会の報告会に参加したことがある。当時事例研究を卒論のテーマに選んでいた私は、現地の亀裂の後を目の当たりにすることとなった。新潟地震における事例では、3~15メートルも地盤が動いたという記録が残っている。それはこの目で見て納得し、驚いた記憶を思い出した・・・。数値にすると一言で終わってしまう15メートルという長さと脅威。家がこれだけ動いたとしたら、想像してみて欲しい。今地震が起こっているのは、まさにその新潟なのである。

新潟の人達は不安だろう。それは、想像でははかり知れない。

残念ながら、液状化の予測は難しい。(10年前・当時)別業界へ進む私に研究室の先生は何度も思い直せと説得を試みたが、私は全く動かなかった。最後は
「まあ、おまえの進む道もまた後進育成として、意義がある仕事だろう。」
と言ってくださった。それが本心でないとは思いながらも、すがすがしく送り出そうとしてくれた先生に感謝した。

先生は多くの人にとっての脅威と闘っている。お元気だろうか。

当時の土木工学は名前を変えた。環境工学となったらしい。今では進学先は多方面に分散しているらしい。
地震専門に進む人はどれだけいるのだろうか。当時でも10名程度である。

地震大国日本に住んでいるのだということを今更ながら思い出した。地球規模の工学であるということから、地震の予知はかなり難しい。トップレベルの頭脳を集約させないと解決できる問題ではないと、当時も今も思っているが、今はどうなんだろうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)