« 搾取・詐欺について | トップページ | スローライフによって経済が加速する。 »

「仕事」の定義について

「仕事」の定義を正しく理解している人はごくわずかです。私が今までに面接してきた200人以上の人達に直接聞いてきた結果、です。

 「仕事」とはなんぞや。
 こう聞かれて、相手を満足させる答えを用意している人には本当に稀にしかお目にかかれません。
 
 一番多いのが「食べるための手段」あるいは「お金を稼ぐためにすること。」といった答え。
 
 この答えは問題外です。視点がこちら側に偏っていますから。「ああ、この人は自分のことしか考えていないんだな。」と解釈されて終わりです。「ハングリーな人だな。」と思っていただけると期待したうえでこのような答えを用意しているとは思えない人ばかりでした。

 屁理屈をこねるようですが、「○○のために」という答え方は主観的な答えを誘発します。働くための動機や原動力
を聞いているわけではありませんし、別に否定しようと思っているわけではありません。それどころか
 「動機は不純なもののほうがいい。」
とさえ思うことがあります。聖人君子ではありませんから。各自がそれぞれの強い動機によって行動し、強ければ強いほど行動の速度は大きくなります。それは大いに肯定すべきでしょう。

 予期せぬ質問に対して、その本当の答えの周辺を語ってしまうこともしくは語られることはよくありますよね。
 そういった際に私は、地球の周りを飛んでいる衛星のようなものを想像してしまいます。
 (衛星は周辺を回遊するだけで、長いこと中心に行き着きませんね。)

  また、こういった回答は「目的」のための「手段」として「仕事」を捉えているだけですから。
 手段、手法、戦術、どれも必要なものです。
 (同時に一歩間違えれば危険なものとなることだってあります。)
 本来の「仕事」から離れ、勝手に一人歩きしていった先にあるものは何でしょう。
 我々はじっくりと考える必要があります。

 「仕事」の定義を述べよ。
 あるいは
 「仕事」とは何か、
 答えろ。
 さもなくばおまえの首につきたてられたこの刃が、すっぱりといくよ。

 実はこれは誇張ではありません。私の首にも、つきたてられているこの刃。
 「生還論」のイメージが少しはお伝えできたのではないでしょうか。

 いやしくもこの私がいえること。
 
 仕事は自分のためにするものではありません。
 当たり前のことでしょうが、このブログも、同じことが言えますね。

 肝心の答えは、簡単といえば簡単。
 ずばり「仕事」とは何かを言ってくれた希少な人はサービスマンとして働いてきた人が多かったようです。
 
 ・・・つづく・・・ 
 

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50652/1357719

この記事へのトラックバック一覧です: 「仕事」の定義について:

各カテゴリー毎の新着

コメント

コメントを書く






Google
WWW を検索 YOURSITE.CO.JP を検索