« 生還論・戦略の必要性?中小企業の管理職・経営者必読 | トップページ | 生還論/本当のメンター探し »

SNSをビジネスに活用する(ソーシャル・ネットワーク・サービス)

SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)を巡回。Greeだけでなく、mixiもある程度使ってみないとわからないと思い、数日、ぐるぐると巡っていました。
 以下はmixiを主体とした考察です。

 Greeとの機能の違い
 
  まず大きな違いは閲覧した人が誰かがわかる「足あと」機能がついているということ。どういった人が自分のページを訪れたのだろう。こういった素朴な疑問に応えてくれます。「自分」ブランドに対する顧客層の把握ができる、と言い換えることができます。


 「足あと」機能を使ったリサーチ
 
  仮定として次の実験を行ってみてはいかがでしょうか。
  ①自分の興味のあるコミュ二ティをまずは検索で探します。
  ②そこに登録されている人を片っ端から開いて、更に自分に合いそうな人を見つけます。
    ここで「合いそうな人」の条件は予め決めておきます。途中で変更してはいけません。 
  ③その人の友達を片っ端から開いていきます。ただし、写真を見てどうもこれはいただけない、という人は開きま    せん。
  ④何人開いたかカウントしておきます。
  ⑤ログアウト

 ある時間おいてから、「足あと」をクリックすると・・・・。

 先ほど拝見した方々のうち、数名が自分のページを見にきてくれています。
 やはり、この機能を使っている方がいらっしゃるのですね。相手もまた、どういった人が見にきてくれているか、気になっているわけです。

 今までの経験上、この機能を使っている人は割とヘビーユーザーが多いようです。こちらがおじゃましてからかなり
早いうちにこちらのページをご覧になっている様子が伺えます。

 更に・・・ 

 この「足あと」機能を使って、「切り番」を指定することができます。例えば、100番目にアクセスしてくれた人がだれかをメールで知らせてくれるのです。そのメールに掲載されているアドレスにアクセスすると、その人のページを見ることができます。
「ああ、この人が100番目のお客さんか・・・。」
中には自分のプロフィールの中で100番目の「番切り」はだれで、500番目はだれです、と公表している人もいます。

アクセスアップのヒント

 「創業以来、来店10000人目のお客様です、おめでとうございます。お客様には当店より○○を差し上げます。」といった催しを仕掛けておくお店がありますが(残念ながら私はこの場面を実際に見たことがない。)、お店ではないにしてもアクセスを増やす一つの方法にすることができます。
 
 Greeと同様、ブログの公開もできます。 
 アフィリエイトを使っている人は是非試してみるとよいでしょう。
 サイトのアクセスアップを図るひとつの方法ではないでしょうか。

 私がこの機能を知ったのはつい最近のことですが、Greeにはない「使える」機能だと思います。
 「自分」ブランドのどこに興味を持ってくれたのかを想像し、ページを改良していくためのヒントにもなると思います。
 
 Greeでは、誰が見ているかわからない、だから不特定多数を想定しある程度、万人向けの表現をプロフィールに書き込みます。mixiでは、誰が見たかはあとで履歴を確認できます。mixiのプロフやコミュ二ティを見ると、多少マニアックなものがGreeに比べて多いことの一因であるような気がします。これは私だけでしょうか・・・。
 
 もちろん、登録されている人達の層が違うことも一因だと思いますが。
 mixiのほうが、総じてサブカルチャーなコミュ二ティがとても多く存在していました。
 一言で言うと「遊び」の精神に満ちています。
 顔写真が少ないのも特徴です。
 アンダーグラウンドな気配、マニアックな気配を感じた人は私だけではないでしょう。
 
 Greeはというと、「人脈作り」「学び」「ビジネスつながり」など、前向きな気配を感じることが多いです。

 どちらがいいというわけでは決してありません。いずれにせよ私は、より多くの人が参加し、増殖を続けることで「コミュニケーション」の方法が増え、定着していくことを期待しているうちの一人です。

 以上のような特徴を生かし、ひとつ仕掛けてみようかと目論んでいることがありますが、リアルでお話ししていこうと思います。実はいくつか・・・。


人気blogランキングへ

元祖ブログランキング にも登録してみました。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50652/1484271

この記事へのトラックバック一覧です: SNSをビジネスに活用する(ソーシャル・ネットワーク・サービス):

各カテゴリー毎の新着

コメント

コメントを書く






Google
WWW を検索 YOURSITE.CO.JP を検索